ファッカーズの由来 その⑧

お買い上げありがとな。
お蔭さんで、アップルから沢山のインセンティブが入ったから
明日から、仕事そっちのけでスケれるわ。

タダ読みすんなよ!
お前が腰かけてんとこわ本屋じゃねーしな。


『あっち方面』からか?
だよな。

当時の、あっち方面と言ったら
聖地『神奈川!!』

神奈川の、スケートshopって言ったら、
もちろん
(故)大野 薫氏の伝説のshop 『パイナップル・ベティーズ』よ!

Nさん(和製HOSOI)は、しょっちゅう取材で、
雑誌に出まくって雲の上の人になっていったよな。

寂しく、嫉妬も多分したが…
『嬉しく』そして『自慢』だったよな。

そうそう…
話しは、チトずれるが ちょっと前 
オークションで、当時BETTYSオリジナル<B.STRRET HOOM BOYS>のトレーナーが、出品されてんの見かけたんだわ。
『マジかっ!!』って思ったよ。
でも、いくら積んでもgetしようとは思わなかったな。
喉から手が出るほど欲しかったけどな。(当時高価でget不可能)
なんか、違ったんだよ。
俺の中では、スゲーむこーの存在なんだわ。 (もちろん今も)
Nさんが、オサレに着こなし、
当時のイカした兄ーさん達が、着こなしてジャンランぶっ飛んでた事思い出すとな。
どーしても…
どーしても 汚すわけにわいけねーと思ったよ。(スペシャル硬派)

だってよ。
HOSOI・アーロンマーレーなんかが、わざわざ海のむこーから、
プライベートでスケりにくるぐらい koolなとこだぜ。

そんな時代が良かったな(おやじ)

 

ところでよ
連載長くネー?



オレ




化石










なるぜ。





つづく





かも…


b0169747_20381431.jpg


b0169747_20384784.jpg


b0169747_20391170.jpg


b0169747_2039214.jpg


b0169747_20393019.jpg


アーロンは、当時 ベニスローカル(ギャング)DOG TOWN
きっと、鎌倉という場所にベニスに近い空気を感じてたんだろーな。(想像)
スケートで指をチョン切った 和製プレス職人だった。
そんなオジキも
今は、コーピングキラーという、
イカしたメーカー立ち上げ
sk8ジャンキーまっしぐら!!

  

かな?

そんさきは知んねーし。
興味が有るなら、『パチパチ』して
勝手に調べな。

寝る。
じゃ。
[PR]

# by BOOxBIES | 2012-02-16 20:51 | LIFE

ファッカーズの由来 その⑦

TWELVE VIBES
-BIG RAMP JAM-
に、行けずにヘソ曲がってんけど気晴らしに頑張るわ。
今頃、みんな車中で『あーでもねー・こーでもねー』って盛り上がってんだろーな。
呪いでもかけんわ。(本心)

話し戻す。

L.A CLCBが、フィナーレを迎えたころかな?
『KACANG』は、大分メディアに取り上げられるようになっていったよな。
毎月のように、雑誌『FINE』などの取材を受けていた。
その頃の、オサレボーイは S.A.SかBIOのバックを肩からかけ、ボトムは、ジョッパーズに足元はK・SWISSでな。
でも雑誌の流行とは逆行してたよ。
SK8ERはね。
ちょーど、BONESが主流になっていた時期で、
SK8ERは、ZIMMYS着て、501履いて足元は、ジョーダン(ナイキ)・コンバースを、チンバに履いて俺らはSK8ERで、『ミーハー』じゃねーってな。

色気づいてた頃で
女子にモテるのは、どっちか頭では分かっていたが 
どーしてもスケT着て、チンバにコンバース履いてた。

HOSOIや、BONES TEAMに完全 
男心奪われ、片思いしてた。

基地横(国道16号)で、勝手にジャランやらなんやら設置して
ゲリラ的にコンテスト強行して…
そうそう
その時だよアメさんの、ナマ『Oh MY GOD!!』聞いたのわよ。
コンテスト練習中
ジャンランから、
鬼バックフリップして、手からコンクリメイクって…
腕の骨『バッキッ~ッ』ってよ。

どスラムだったな。

そんな日常繰り返してん頃、
今でも俺らの『主将』で『カリスマ』
KACANGの
『Nさん』が、西多摩を初め多方面から引っ張りダコになったのわ。

それは
すごかった~(和製HOSOI)だった。

FUCKERSの先生だったよ。間違いなくね。

『Nさん』は
FUCKERSには内緒で、
しょっちゅう、 
あっち方面行ってたよな?


たぶん
『あっち方面』から

つづく…




b0169747_20371680.jpg


b0169747_20375021.jpg


特別に
オタク達の為に、プレゼントしてやるよ。
そのかわり
次から
流行りのI・Pad2で
有料 電子書籍な。

よろ。
[PR]

# by BOOxBIES | 2012-02-14 20:44 | sk8

ファッカーズの由来 その⑥

ちょっと、突然の告知。
明日の事だからな。


2012.02.14
TWELVE VIBES
-BIG RAMP JAM-

フライヤーよくチェキれな。
親切な俺様だから、貼っといてやんからな。 
感謝しな。  
俺に足向けて寝んねすんなよ。

ぽーい。



b0169747_19273149.jpg

 
b0169747_1928469.jpg



実は、毎年行われるこのBIGイベントも『KACANG』を、
ROOTにもつ西多摩CREWの、KちゃんCREWのイベントなんだぜ!!
しかもっ!!
RAMPは、西多摩地区でのSK8ERを
飛躍的に、増やし、
SK8業界に貢献してる
あの RAMP HOUSEオーナーの
サトルが、作んだから!!
協賛も、西多摩㊚SK8ERを、支えてる
プロSHOP!!
H&C。
100%間違いねーだろ。

わっかってんと思うけど、覗き見してる
そこのあんたっ!!
今夜から出勤準備よろしくな。

ボクは…
わけあって(家庭の諸事情)により…
ホント…
すんません。

去年は、とっても『あんよ』にイイプレゼントもらってしまった
SPECT CREWの、S君!!
今年は、お気をつけてね❤  

b0169747_19412392.jpg


土産話
楽しみにてしんよ。

今夜は、軽くネ。
話し戻すな。


やっぱ…………
やめた。
先行く前に、L.A CLUBの事少し分かってくれよ。
親切が取り柄の俺様だから、これも貼っとくから
よ~く読めよ。
5回な。



1988年10 月11日「ロサンゼルス・クラブ三軒茶屋店」のランプ・アリーナがクローズする日が
やってきた。プール・アリーナ(ビリヤード)のようには収益をあげられないとの会社側の判断で

アキさんが設計し、そこにスケーター達が息吹を与え、多くの外国人プロが来日時に訪れては
賑わい、そして俺達ローカルの思い出がたくさんつまったこのランプ・アリーナがたった1年と1日で
その役目を終えようとしていた。クローズの話が浮上した一ヶ月前ほど前から、生谷さんが発起人となって
約300名にものぼる反対署名を集めていた。昨今では署名を集めて公共の場にパークを設けたりする事が
出来る時代となったが、この時生谷さんはたった1人でこの貴重なパークとカルチャーを残そうと闘っていた。
署名参加者の中には後にサブカル・ファッシ ョン界のカリスマとまで呼ばれる人物や、今となっては多くの
著名人が名を連ねていたのだが事態を変えるまでには至らなかった。

 この日「L.A.Cローカルズ」は全員、普段あまり着る事のなかったスケート・デッキとヘルメットの
デザインが入ったランプ・アリーナSTA FF専用の白いポロシャツで「正装」し、顔を揃えた。

 カツ君が石原君を伴って来てくれて、アキさんと3人でこのランプ・アリーナに憂愁の美を添えるかのような
OLD SCHOOL 同士の熱いセッションをランページで披露した。俺はボトムでスピードが半減してしまうものの、
リップでのアクションが大きくてスタイリッシュな石原君の滑りを見ていてカッコイイと思い、アキさんに
そう言うと「いまだにジェイ・アダムスが忘れられねえんだよ。」と満面に笑みをたたえながらそう応えた。

 俺の高校時代からの親友で、スケーターからBMXerへと転身した林「チャーリー」一也は日本BMX 界の
OLD SCHOOL堀沢寿美生とともにあらわれ、強引にも「L.A.C 」特有のフラットが短くてバーチがきつく
「忙しい」ランページにBMXで挑んでいった。普段の営業日であればBMXはランプ・アリーナに入れなかったであろうが、
この日にかぎってはもうそんなケチなルールなんか関係なかった。BMXといえば日本の専属プロ・ライダー
である和田幸司もスケートを備えて遊びに来ていて、俺としては駒沢公園の仲間達がこの特別な日にかけつけて
くれた事がとても嬉しかった。

 やがてお馴染みのスケーター達が顔を揃え、「ロサンゼルス・クラブ三軒茶屋店」のランプ・アリーナの
最後を締めくくるべく大会が開催され、「L.A.C」で過ごした一年間の想いのたけを こめて滑った。俺は自分の番がくると
意味もなくランプ・アリーナとプール・アリーナを仕切っていた台の上に飛び乗り、走っていって飛び降りざま
スケートに乗るとみせかけてそのままボードを床に叩きつけたりして、付近で見ていたオーディエンスをドン引きさせたが、
ランページで皆でよく練習した「ラップオーバー・グラインダー」だけは失敗したくなかった。結果は
「L.A.C 」の落とし子であり、生谷さんに1年間を通じて師事してきた長嶋亘が、同じく優勝候補と目され、
クリスチャン・ホソイが来日時にここ「ロサンザルス・クラブ三軒茶屋店」で「チーム・ホソイ」に誘った程の逸材である
川村諭史をおさえて見事優勝をさらい、その諭史を含め「L.A.Cローカルズ」の皆が心から亘を祝福した。

 表彰式が終わり店がクローズすると、三軒茶屋店のスタッフとローカルズだけが残って「さよならパーティー」を開いた。
この日は始発まで帰ろうと思う者など1人もいなかったので、皆ランページのボトムに車座になって思い出話を肴に
呑み始めた。いつもは酒を呑まない生谷さんもこの日ばかりは呑まずにはいられなかった。
2時間ほど呑んで大分酔いがまわってく ると、明日からの解体作業に備えて業者がすでに搬入していた大ハンマーや
大木槌を手に取り、皆の想いのこもったこのランプ・アリーナを他人様に壊されてしまうくらいなら、
いっその事自分達の手で引導をわたしてやろうじゃねえかという事になり、アキさんを筆頭にかわるがわる
大ハンマーと大木槌をふりあげ、ランプのR面を破壊していった。普段は気のやさしい芳文でさえ「やっちゃえー!」と
拳をふりあげてアキさんを煽っている。ランページにつづくウォール部分の天井には幾度となくボードのノーズが
突き刺さった為に大きな穴が開いており、スケート中にこの穴に手を突っ込んで切ってしまい、縫った手を
包帯でグルグル捲きにしていた諭史が健気にも片手で大木槌をふるっているので、俺は諭史の背後にまわって
その片手ごと木槌を握り、2人で一緒におもいきりR 面に叩きつけた。普段酒を呑まないせいか酔っ払って
所在なげにフラフラしている生谷さんをつかまえて亘が「生谷さんもやっちゃってくれよ、もう無くなっちまうんだぞ、ここがー!」と
大声で檄を飛ばしている。夢中でハンマーを振り回していると次第に皆の間に「ああ、本当にもう今日で終わりなんだな」
という現実感が押し寄せてきた。気がつくと俺は店の備品である業務用の大型掃除機を木槌で粉々のペチャンコにしていて、
アキさんがその掃除機からはずれた金属製の外枠をサッカーボールのように思い切り蹴ったので、それが壁にあたって
大きく跳ね返りスタッフの1人がすんでのところでよけた。これを皮切りに今度は壊れた掃除機のパーツだの
アイスペールだのトレイだのを皆があたり構わず思い切りブン投げ始めると、次第にやり場のない怒りがこみあげてきて、
そしてその矛先は俺たちの気持ちなど決して顧みる事のないであろう会社側へと向けられていった。亘が
「ふざんけんじゃねえよ、明日からどこ行きゃいいってんだーっ!」と叫びながら大ハンマーを振り回している。
斉藤君は何を思ったか、ビールの空き缶に残ったビールとポテトチップスの油が混ざってツルツルになったランページで
無理矢理スケートしようとしてすぐにひっくり返り、その上に亘とスタッフの柏木ちゃんが折り重なるようにして
倒れこむ。諭史も芳文もかわるがわる大ハンマーでランページに穴を開け続けている。荒れ狂うアキさんの両肩に
手を置いて亘が何事かつぶやいている。俺は「(こんな風にして取り上げるくらいなら)始めっから造るんじゃねえよーっ!」
と叫んで大木槌でランページを乱打し始め、それに応えて亘も「そのとおりだ、コノヤローッ!」と大ハンマーで乱打を始める。
とうとうアキさんが抜けなくなるほど深々と Rに大ハンマーをぶちこんで、「もう滑れねえよ、ザマみろコラア!」と叫んだ。
「やっぱり、一番悔しいのはアキさんだろうなあ」マックス・モーションにやって来て、この「L.A.C」の設計図を見せながら
俺を誘ってく れた日の事を思い出すとさるがに目頭が熱くなった。見ると、諭史と芳文と斉藤君が3人で肩をくむようにて
抱き合いながら泣いている。突然姿が見えなくなった亘は1人トイレに閉じこもって泣きじゃくっていた。皆心配になって
「亘ゥ、出て来いよお」と声をかけると「明日っからどおすりゃいいんだよお」という嗚咽が聞こえてくるので、
「亘行けえ、ガッコ行けえ」と生谷さんが諭すように叫んだ。「そういえば亘、学校行ってなかったっけな」とぼんやり思い出す。
中学をやっと出て「L.A.C 」を知り、スケーターになっていなかったら間違いなく暴走族になっていたという亘は
この一年の間に、一度にあまりに多くの人と出会い、多くの経験をし、生谷さんという師匠と出会い絆を深めてきた。
明日からはもうその生谷さんとも思うようには一緒に滑る事も出来ないだろう。
亘が行き場を失ったと感じる気持ちは痛いほどよく判った。

 店の入り口の自動ドアからは既に朝の光が差し込み始めていた。どこでどのように皆と別れたかは今となってはもう
思い出す事は出来ないが、こうして「ロサンゼルス・クラブ三軒茶屋店」のランプ・アリーナは幕を閉じた。

 最後にアキさん、カツ君色々と教えて頂き本当に有難うございました。いつか皆で集まって「L.A.Cローカルズ」の同窓会のような事が出来たらいいと考えています。


協力:生谷(スケートの未来をみつめる)和久、林(チャーリー)一也


この、記事を読み大昔の事ながら心に響きました。
現在でも、スケートパークで、顔を合わせる機会が、ある方の名前を目にして、
改めて『リスペクト』の気持ちと、『同志』という気持ちが、
コンピューターを目の前にしてクロスオーバーし、
なんだかすがすがしい気持ちになり大昔のことながら、感動もしました。



勝手に、貼り付けてしまい
この記事を書いた方が、不愉快な思いを画面の向こうで
もし
しているのであれば、
遠慮なくコメント頂ければ幸いです。

すぐに記事の削除させてもらいますので、
宜しくお願いします。

とても、良い記事でも
勝手に使用した事、この場を借りてお詫び申し上げます。
[PR]

# by BOOxBIES | 2012-02-13 20:08 | LIFE

ファッカーズの由来 その⑤

だいたい、HOSOI先生の事(かなり抜粋)わかったか?

彼は、当時の年収で一億(日本円)は軽く超えてた。
ロックスターだったな。
ハリウッドスターと、一緒にクラブはもちろん顔パス。
今の外タレプロとは違い
家も買わずファッションと女子とドラックとSK8だけに、湯水のような垂れ流しで$使ってたってよ。
ホント!!
同じ服は着ねーしな。(すぐ破くから二度と着れない)
JIMMYS・LIFESA BEACH・SWATCH いかしてたな。
ホント、彼のもんだったな。

俺たち、田舎モンFUCKERSも、それからだよな。
オサレボーイ目覚めたのわよ。
いつしか、気づいたんよ。
雑誌の世界の方々はSK8だけじゃねーって。
俺たちより乗れてなくてもカッケかった。(オサレSK8ER)

当時、FUCKERSはマルカジ(昔あった。マルカワっつぅ服や)だったかんな。
ダセー自分たちに気づいた俺らわ、次のターゲットを下北沢にむけた。
下北には、VIOLENT GRINDってハードコアSHOPがあってな。(現在も健在/SKULL SKATE)
仲間と、Tシャツやら、なんやら買いまくったよ。(親チョン完全バレる)
当時の、下北は原宿とは、まったく違うSK8シーンが待っていたことを昨日の事のように思い出すな。(昨日はウソ・しつこい)

下北(三軒茶屋)には、今となっては伝説の L.ACLUB(ロサンゼルスクラブ)が、あってな。
プロデュースは日本一レジェンドのアキ秋山さんだぜ。
中は、だだっ広く、薄暗くてな。
よく見りゃ、ビリヤード台あり。
イカしたカウンターバーあり。
キレーなお姉さまあり。
でな。

しかもよ。
その奥に、なんと!!
SK8パークだぜ。
壁っちゅう 壁がR(アール)だぜ。
想像してみよ!!
中学生でチェリーボーイ(たぶん俺だけじゃねーよな?)の俺らには刺激が強すぎたよ。
でも、不思議なもんで、デッキ持ってると心強かった。

この辺からだよ。
確か、『KACANG』が、雑誌に取り上げられまくって西多摩のSK8ERが当時注目されだしたのワナ。

勝手なブログだから名前はだせねーけど。
Nさん。
Kくん。
中原 義和(だしちゃった…)
ホント、西多摩エリアのSK8を全国に分からせたのわ。

今でもマジリスペクト。


これ見てみ。


■1987.3/27
第2回西武ラジカルストリート
池袋西武百貨店特設会場(東京)

□STREET
1位 酒井  勇
2位 五十嵐正広
3位 加藤 博巳
4位 川村 諭史
5位 江川 芳文
6位 根本 正典

■1988.7/23-24
第3回海の祭典スケートボードコンテスト
名古屋港特設会場(愛知県)

□PRO STREET
1位 クリスチャン ホソイ
2位 アーロン マーレイ
3位 水野 正雄
4位 パット ノーホー
5位 川村 諭史
6位 五十嵐正広

□AM STREET
1位 中原 義和
2位 堤  正利
3位 川田 圭人
4位 溝口 祐二
5位 中沢 裕司
6位 塚本 浩文

□PRO VERT/RAMP
□PRO FREESTYLE
□AM VERT/RAMP
□AM FREESTYLE

1988年コンテスト結果。
義和の名前あんべ。
このメンツだぜ!!

スゲーよ。
今でも滑るんだぜ(年一)
 そっからだな……


つづく。



特別にプレゼント❤
ナタス。


じゃ
[PR]

# by BOOxBIES | 2012-02-12 17:09 | LIFE

ファッカーズの由来 その④

あぶねぇ
あぶねぇ

更新バックレんトコだったわ。
今日は、時間たっぷりだからがんばる。

『ホコ店』ね。
熱かった!!
当時、SK8の情報GETするすべは、KACANGからか、雑誌(Fine,thrasherマガジン)ぐれいしかなかったんだわ。
雑誌の発売日は、CREW達とガンPUSHして立ち読み行ったもんよ。
雑誌の撮影場所は、[花の都.東京・大阪・神奈川・埼玉]が主だったな。
確か。
 
俺たちは、迷わず大都会めざした。
とにかく他のSK8erが、見たかったし、見せたかった。

しっかしッ。
カクが違った。

雑誌にでていた人らは、乗れてたッ!!
一瞬にして、鼻っぺしら『ポッキリ』折られたね。
 
でも。
そっからがホントのSTARTだったな 今考えるとよ。
遠征行っては、技パクっては地元に帰り鬼練っ!っつぅルーティーンかましまくったな。
だから
週①行く、遠征がウキウキしまくったのを昨日の事のように思い出す。(昨日はウソ・2回目)

何度も 
何度も通ううちに、KACANGの先輩のはからいで『FUCKERS』は、原宿ムラサキスポーツからの、ソフトサポート(自慢)を、GETした。
イベント・コンテスト・外タレプロSK8erの見学行きまくった。
もちろん得意の親チョンしまくってな。(このころから、バレ始める…)

この、スターは凄かった!!
『スゲー』『ヤベー』『カッケー』連呼・連呼・連呼
開いたお目メが、ふさがんねーとは まさにこの事!!(初体験❤)だったな。

俺様も、みんなと同じ意見!!
『LOVE』
『神』
しびれた。 


不良
b0169747_11341723.jpg

モデル
b0169747_11343030.jpg

キリストAIR
b0169747_11345226.jpg

J.T
 
b0169747_1135394.jpg

タックニー
b0169747_11352248.jpg

モスキートAIR
b0169747_11354369.jpg



スゲー
スタイルで、それがSK8ってことHOSOI先生?神?に無言で教えてもらったな。

             『Thankyou so much』

おかげさんで、約25年今でも、おっかさせてもらってんぜ。

ついでに、これもオメーら、プレゼントすっからよ。
よく読みな。


ホソイは、ベテラン(例えば彼のアイドルとしてのショウゴ・クボ、トニー・アルバ、ステーシーPeraltaとジェイ・アダムズ)と7または8才でスケートをし始めました。彼の父、イヴァン「ポップス」ホソイはマリーナ・デル・レイSkateparkのマネージャーになりました、そして、彼が新生の才能を速く高めた所で、クリスチャンは学校を去って、彼の時間をそこで過ごしました。1979年に、アマチュアとして、ホソイはパウエルPeraltaが後援しました。彼は、1年後に、彼らが彼がプロに転向するのを許さないパウエルPeraltaを去って、Dogtown Skateboardsに加わりました。Dogtownがその後まもなく倒産したあと、彼はシムズSkateboardsによる14才のプロになりました。
ホソイはキリストAirとRocket Airを発明して、巨大なアンテナを引くことで有名でした;あるところで、彼は世界記録保持者でした。垂直スケートボーディングは、マッチする賞金で、見物人人気で成長しました。彼より多くのお金がこれまでに夢見たホソイを得て、プロの模型の車(サンタクルス・スピードWheelsを通してのOJ II Hosoi Rocket)を受けるだけでなく、これはコンバース、スウォッチとJimmy'Zで大きな支持と組み合わさりました。1984年に、彼は頭スケートを通して、それからNHS-INCを通して配布されて、彼自身の会社、ホソイ・スケート、最初をつくりました。板は、それが偽造されたように人気があることがわかりました。通りスケートが80年代中後期に出てき始めたとき、ホソイは同様に脅威を証明しました。そして、1989.[2つ]で日本のロッテ・カップ・コンテストで垂直線と通りコンテストに勝ちました。
不況が1990年代初期に米国に打撃を与えたので、ホソイのプロの経歴はぐらつき始めました、そして、新しい通りスケート・スターはメディア報道で垂直ライダーの影を薄くし始めました。発達する薬中毒に加えて、ホソイはTuff Sk8s、Sk8精神文化、MilkとFocusのような一連の倒産したスケートボード会社とともに、財政難の後で破産に直面しました。1995年に、ホソイは2つの軽犯罪で逮捕されました、そして、彼の逮捕の令状は出廷することができないために交付されました。逮捕を避けるために、ホソイは競争とデモ(初のX大会(そしてExtreme大会)への招待を断ることを含む)に出席するのを止めました。そして、それはHawkとホソイの間の再開された競争として市場に出されそうでした。クリスチャンは、2000年1月にホノルル空港でようやく捕らえられました。ロサンゼルスからHeが配布する意図で輸送で請求されたHonolulu.[3つ][4つ](連邦犯罪)まで水晶のメタンフェタミンのほぼ1.5lb(0.68kg)を輸送しようとしている間、彼は逮捕されました。10年の監禁(彼は4人分で、2004年6月にサンバーナーディーノ本部Detentionセンターから解き放されました)を、彼は宣告されました。ホソイは、監禁の間、スケート産業で支えられました。ブラックLabel SkateboardsのEmergency分割は、ホソイ・プロ・モデル・デッキを出しました。ショーティのものとチャドMuskaは、昇る太陽グラフィックでシムズの上でホソイの最初のプロのモデル・デッキに対する敬意を特徴としている賛辞デッキをリリースしました。彼も、マーク・ゴンザレスのKrookedスケートボードと小型ピストル・スケートボードによって客用のモデルを受けました;両方のデッキは、彼の有名なHammerhead形を特徴とします。

2004年6月に、ホソイの文は良いふるまいのために減らされました、そして、彼は仮釈放に関して解放されました。ホソイは、ガールフレンド・ジェニファー・リーと結婚しました。彼は、妻と彼女のおじ(PastorクリストファーSwain)をせきたてることを通しての生まれ変わったキリスト教徒になりました。彼も、ハイスクール卒業証書を得ました。ホソイは彼の新発見の信頼について開いていて、仲間の牧師として運命づけられてい続けて、彼のスケートボーディング職業を再開しました。


うーん…
こんな感じ。

つづく。

ほな
[PR]

# by BOOxBIES | 2012-02-11 12:03 | LIFE

ファッカーズの由来 その③

2夜連続更新!!

〆切に、間に合わねーかんな。
がんばるわ。


『KACANG』に、通うようになってからは 完全スケ吉だったな。
当時は、アメリカバブリーだったから基地のアメさんも半端なかった。

『KACANG』に、乗り付ける車も、ボンネットに油性マジックで、FUCKマーク書いちゃってるヤツでご出勤してくる始末だもん…

カルチャーショックだったけど、暴走族のカッケーバイクより『ヤベーッ』と、思ったのは覚えてるわ。

 

そんなこんなで…
月日がたち、『KACANG』ファミリーに入会できた俺たちは、いつからか『おっかねーお兄様』たちに、おめーらは、SK8バカの『牛浜ファッカーズだッ』ってね。
当時、あんちゃたちに からかわれながらも、すっかり根ずいて。
街で会うと、『おめーファッカーズの〇〇だよな!!』なんてね。
今、考えるとありがテー話し。
そっからだよ。
俺ら、FUCKERSが田舎の街から大都会に進出したのはね。
そん頃は、中3ぐらいだったかな??
下北・渋谷・原宿…
すごかった!!
みんな、得意の『親チョン』かまして毎週毎週、勝負しに行ったのを懐かしくおもう。
特に、原宿ホコ店はびびった。
 

だってよーッ!?


だめだ。
疲れた…

つづく。

b0169747_19494961.jpg



一番右。
ニール・ブレンダー やべーべ。(オタク)

じゃ。
[PR]

# by BOOxBIES | 2012-02-07 19:52 | LIFE

ファッカーズの由来 その②

いやいや。
さみーな。

ちょっとあいちゃったけど、少し打つわ。

んで…
どこからだっけ?

そうそう。
伝説のSHOP!!

『KACANG』!!
福生駅近くのネ。

ほんと、俺ら(FUCKERS)のルーツだね。

中学生だった、ボクには衝撃的だった。
SHOPのドア開けると、ガラム(タバコ)の、匂いがプンプンでね。
(ガン〇ャ)だと、思っていた…

2階は、『NICEN』って、オシャレお兄さんのたまり場 サーフショップ。
地下は、コンクリSK8パークだぜ!!

最高にイカしてた。
当時は、男のロマンは不良しかない時代に、マジ『これだっ!!』って思ったね。

そっからだよ
そっから…

とにかく、毎日のように『KACANG』に通って、SK8しまくったね。
だって、学校にSK8で通学だぜ!!
昼休みは、メンがキレイなテニスコートでSK8。
放課後は、体育館でSK8。
夕方から、STREET。
夜は、福生駅で、SK8。

今考えると、ご近所さんは変態だと思ったろうな(笑)
親には、恥ずかしい思いさせたよ。ほんと…(今も)

でも、周りの事なんて関係なかったね。(今もそう)

それが、スタイルでSK8だった。



限界…
またね。

連載目標、2ヶ月にすんわ(笑)

ほなね。
[PR]

# by BOOxBIES | 2012-02-06 19:18 | LIFE

ファッカーズの由来 その①

<前置き>

この前、とある場所で、オレの板っきれに貼ってある『FUCKERS』のステッカーを見て、『FUCKERS』ってあの『FUCKERS』ですか?って聞かれれたから、その彼のだけの為に俺様の貴重な時間裂いて頑張って打つ覚悟した。
きっと、彼はこのブログの存在も知らねーけど、彼ならきっと、みっけてくると期待してね。

でも…
大昔の話からになんからさ、連載(笑)にすんわ。

実は、俺らが、木の上に乗るジャンキー遊びに手をだしたのが約25年前なんだわ。
当時のオリジナルメンバーは、約10人ぐらいだった。
当時は、スケートボードさえ、GETするすべさえ知らんかった。
当然、金もねーし(今も)、俺も含めバカ友も、『親チョン』かまして、ディスカウンオストアー(Mマート)に鬼ダッシュ決めたのを、昨日の事のように思いだす。(昨日は嘘)
 
GETして、とにかく鬼PUSHからのパワスラしまくった。(TOKIO 長瀬君もそーらしい)
当然 安モンのウィールだから、一瞬にして美味そうな『プッチンプリン』の出来上がり。

そこで、ウイール(単品)だけ、GETできるイカしたSHOPを探したら…
あるじゃん!!
しかも、ご近所!!

それがっ!!
あの伝説のSHOPッ!!




もー限界… 連載目標1か月。
つづく……

んじゃ。
[PR]

# by BOOxBIES | 2012-02-02 21:15 | LIFE

プレミア

SPECT上層部からのワンカットプレゼント。
この10分後ね。
イイのもらって病院送り。
 


まだ   
まだ… だな。

削除依頼だしたら頼むよ。
速攻削除でさ。

SPECT道楽CREWいつも遊んでくれてあんがとね。

ほな。
[PR]

# by BOOxBIES | 2012-01-31 19:33 | sk8

OASIS CUP VOL.5

何よ なにょ。
SPECT 部長、インフルOUTって(涙)
そのスキに、SPECT勇大優勝!!
NICEっ!!
今年は、おじさんがサポートしてやんから、遠慮なく言ってこい。

b0169747_20543964.jpg
b0169747_20552224.jpg
b0169747_20562550.jpg


おめでと。

んで。
BOWLは、やっぱりユウマかっ!!
今度、会ったら教えろよ。
大人のあそびは、おじさんが優しくレクチャーしてやんカンナ❤



おめでとさん。
[PR]

# by BOOxBIES | 2012-01-30 21:02 | sk8