ファッカーズの由来 その⑦

TWELVE VIBES
-BIG RAMP JAM-
に、行けずにヘソ曲がってんけど気晴らしに頑張るわ。
今頃、みんな車中で『あーでもねー・こーでもねー』って盛り上がってんだろーな。
呪いでもかけんわ。(本心)

話し戻す。

L.A CLCBが、フィナーレを迎えたころかな?
『KACANG』は、大分メディアに取り上げられるようになっていったよな。
毎月のように、雑誌『FINE』などの取材を受けていた。
その頃の、オサレボーイは S.A.SかBIOのバックを肩からかけ、ボトムは、ジョッパーズに足元はK・SWISSでな。
でも雑誌の流行とは逆行してたよ。
SK8ERはね。
ちょーど、BONESが主流になっていた時期で、
SK8ERは、ZIMMYS着て、501履いて足元は、ジョーダン(ナイキ)・コンバースを、チンバに履いて俺らはSK8ERで、『ミーハー』じゃねーってな。

色気づいてた頃で
女子にモテるのは、どっちか頭では分かっていたが 
どーしてもスケT着て、チンバにコンバース履いてた。

HOSOIや、BONES TEAMに完全 
男心奪われ、片思いしてた。

基地横(国道16号)で、勝手にジャランやらなんやら設置して
ゲリラ的にコンテスト強行して…
そうそう
その時だよアメさんの、ナマ『Oh MY GOD!!』聞いたのわよ。
コンテスト練習中
ジャンランから、
鬼バックフリップして、手からコンクリメイクって…
腕の骨『バッキッ~ッ』ってよ。

どスラムだったな。

そんな日常繰り返してん頃、
今でも俺らの『主将』で『カリスマ』
KACANGの
『Nさん』が、西多摩を初め多方面から引っ張りダコになったのわ。

それは
すごかった~(和製HOSOI)だった。

FUCKERSの先生だったよ。間違いなくね。

『Nさん』は
FUCKERSには内緒で、
しょっちゅう、 
あっち方面行ってたよな?


たぶん
『あっち方面』から

つづく…




b0169747_20371680.jpg


b0169747_20375021.jpg


特別に
オタク達の為に、プレゼントしてやるよ。
そのかわり
次から
流行りのI・Pad2で
有料 電子書籍な。

よろ。
[PR]

by BOOxBIES | 2012-02-14 20:44 | sk8